はじめに

ご挨拶

 経済産業省資源エネルギー庁では、アジア諸国の石油コンビナートとの激しい国際競争や、南海トラフや首都圏直下型地震などの激甚災害発生時に備えることを目的に”石油供給構造高度化事業費補助金”制度により、 「石油コンビナートの立地基盤整備事業」及び「石油供給インフラ強靭化事業」を推進しています。
 そして、その補助事業者として私ども石油供給構造高度化事業コンソーシアムが事業の執行を進めております。 本コンソーシアムは、一般財団法人産業施設防災技術調査会と株式会社篠塚研究所が設立した組織で、石油工学、土木工学、地盤工学、機械工学、海岸工学、制御工学、化学工学、総合政策、経営学等の経験豊かな技術者・有識者と関係機関の力を結集して業務を遂行してまいります。

代表 中村 孝明

事業目的

 将来にわたり、平時・非常時を問わず国内への石油の安定供給を担保するためには、石油製品供給の中核をなす日本の石油コンビナートの生産性の向上により、国内の石油供給網の維持に必要な経営基盤を確保していくことや、大規模災害への備えとして製油所・油槽所等の災害対応能力を強化することが重要です。このため、本事業は以下の取組を推進することを目的とします 。

  1. 石油コンビナートの生産性向上に向けた構造改善や革新的な取組
  2. 石油供給設備の強靭化の取組
  3. 非常用発電設備の設置・増強の取組
  4. 大雨・高潮等対策の取組
  5. 感染症対策の取組

事業内容

石油コンビナートの立地基盤整備支援事業

石油コンビナートに立地する石油精製業者が石油コンビナート内外の複数事業者(石油精製業者以外の異業種を含む)との統合型運営に基づく設備の共用、増強及び集約化(設備の廃棄を含む)を行う事業や安全性及び設備の優位性、環境適合性等を総合的に勘案して特に優れた製油所における革新的な取組を行う事業の実施に要する経費の一部を補助します。

石油供給インフラ強靭化事業

各地域の製油所・油槽所等における入出荷関係設備の耐震・液状化等の対策や、設備の安全停止対策、他製油所・油槽所等とのバックアップ供給に必要な入出荷設備の増強対策、強靱性評価等を通じた石油供給設備の強靭化の実施に要する経費の一部を補助します。

製油所・油槽所等の非常用発電設備設置・増強事業

製油所・油槽所等の石油製品の出荷機能維持に必要な非常用発電設備の設置・増強を行う事業に要する経費の一部を補助します。

製油所における大雨・高潮等対策事業

近年頻発する特別警報級の大雨・高潮等に備え、製油所における強靱性評価、入出荷関係設備の大雨・高潮等対策等を通じた石油供給設備の強靱化の実施に要する経費の一部を補助します。

製油所における感染症対策事業

デジタル技術の活用等により、最低限の製油所操業に必要なオペレーター等の省力化を図り、感染症蔓延下における製油所操業の持続性を高める取組の実施に要する経費の一部を補助します